思ったことをつらつらと

思ったことをつらつらと書いていこうと思います

菅田将暉のオールナイトニッポン 20180903感想

前回の投稿に引き続き、菅田将暉オールナイトニッポンについてです。

今週もちゃんと聴きました。充実した時間でした。

 

またブログが書きたくなったので、感想を書きたいです。

内容にも触れています。

 

①ディスり方が学生

夏休みが終わった学生ざまぁ!

きもっ!うざっ!ざこっ!はぁ?とかディスるときの言葉が学生の語彙で、

クラスやバイト先で最近仲良くなり始めた男子みたいな感じでした。

冗談を言い合うことでしかコミュニケーションがとれない感じの距離感の男子みたいでした。制服を着ていた学生時代のノスタルジーを感じます。

それにしてもリスナーさんを全力で(愛をこめて)ディスるラジオ番組は初めてです。

前回かな?今回かな?「きしょっ!」も言ってて、「きしょい」なんて最近使ってないなーと懐かしくなりました。

(きもっ!よりはやわらかい表現で気心知れた人に使うことが多いです)

 

②人間観察好きっぽい

築地の立ち食い寿司屋さんで一人で食事していた女性について想像も含めて話していました。その女性が「エロい」って、菅田将暉くんにエロいって思わせる一般人、最強。

 

③おすすめする場面が独特

コナンの映画の話になり、おすすめのシーンを教えてくれました。

感動ものだったり、名推理かなと思ったら

www.youtube.com

この場面でした。

確かにこれは印象に残る。

そして「コナン君」と「君」付けしてたのもいいですね。

 

④フリートークに対するおたよりの量が半端ない

菅田将暉くん、少食らしいんです。その少食エピソードを話した後、リスナーさんからのお便りが届くんですけど、

JK(中華料理めっちゃ食べれる)

アイランドイーター(島作れるくらいブロッコリー食べた)

スペースイーター(土星うまい)

と規模がだんだん大きくなるんですよね。かぶせですね。

メッセージテーマではなく、フリートークでこんなに広がる、

さらにリスナーさんが重ねていく番組は初めてです。

リスナーさんもノリがいいです。いいリスナーさんです。

 

⑤今日の放送をまとめる

和やかないいラジオでした、と最終回かのような話し方でしたが

あまり放送を振り返るラジオを知らないので新鮮でした。

 

⑥大食いメッセージを小ばかにして隣で寝ている彼女の頭を撫ぜているというメッセージに対して「だるっ、きもっ、だるっ!」と返す。

返しとして120点ですよね。

素晴らしい。完璧。

 

何が完璧かと言いますと、

地下で頑張ってる芸人さんなら嫉妬になるんですけども、

菅田将暉は嫉妬する立場にないと思うんです。

これまでどれだけの美女と噂になったことか。

それが真実か否かは別としても、菅田将暉くんともなればどんな女性でも手に入るであろうに、この返し!

 

菅田将暉くんに自分の彼女の自慢できます?

 

オールでカラオケしましたという大学生と変わらない生活ぶりを話したり、

こんなメッセージが届くような雰囲気づくり、

一瞬あなたが菅田将暉だと忘れるくらいのこの返しですよ。

いやいやあんた菅田将暉やん、どれだけの男性が菅田将暉に憧れ、どれだけの女性が菅田将暉に惚れてると思ってるねん、というね。

そのツッコみすらも即座に浮かんでこない空気感を醸し出してるのがすごいです。

もちろん「俺だって」と自分の話をしないところも徹底されてます。

 

すみません、熱くなって呼び捨てになりました。

 

 

前回の記事にも書きましたが、私は芸人さんのラジオをよく聴いていました。

ガチの愚痴とか言うこともあり、まあガチの愚痴なのでテンションが低い低い。

さらに、ローカルのラジオだからか、テレビと比べるとテンションが低いんですよね。

 

私は音楽といくつかの作品でしか菅田将暉くんのことを知らないんです。

情報番組でインタビューされてるのをたまに見るくらいで、主体的に話しているのを聴くのはこのラジオが初めてです。

だから菅田将暉くんのテンションが高いというのも結構ポイントが高いです。

藤崎マーケットさんがよくモノマネしてる「熱血情熱プライス、JOSHIN」と言わされてる野球選手くらい低いテンションでもおかしくないのに、ハイテンションでよく笑う菅田将暉くん、いいですね。深夜でも元気になります。